FC2ブログ
アダムタッチでどんな女性でもイカせるゴッドフィンガーテクを身につけ、トレーニングで30分以上の持続力を手にして男としての自身を持ちナンパに励んでいます。
今年の12月は、クリスマスは3人の女の子と
3連続デートを達成することができました。

今までの人生はこんなこと絶対にありえませんでした。

おじさん、でもやればできる!
プチハーレム状態で超嬉しいです!
男として幸せですね。

これもコツコツとナンパを勉強して、出会いを
増やしていったのとスローセックを勉強して
エッチで女の子を満足させれるようになったおかげだと
思います。

スローセックスのおかげで最近エッチした子からは、
会いたいとラブコールのメールが頻繁にくるように
なりました。

やはり女の子はエッチで満足させてあげないと
ダメですね。

24日はE子とデートでした。
新宿の高層ビルでお酒を飲んでいる時から
E子は太ももに手を這わせてきたり、腕に
やわらかなおっぱいを摺り寄せてきたりで、早くも
発情状態でした。
「きょうはたくさんラブラブしたいなぁ」
なんて甘えてきます。

「シャンパン持ってきたんだけど、二人きりに
 なれるところで一緒に飲む?」
デパ地下で買ってきたシャンパンです。

「うん、二人きりになれるとこに行きたい。」

ラブホに行ってシャパンを空け乾杯した後は
シャンパンを口に含み、いやらしく半開きになっている
E子へキスをしました。
待ってましたとばかり、やわらか?い舌を絡めてくるE子。
「んっ、んっぅ?、はぁあ。とろけそう。」

「いいよ、今日は一緒にとろけようね。」
スローセックスの最中もシャンパンを口に含みながら
乳首を口ですすり、お互いキスをしながら口移しで
シャンパンを飲ませ合ったり。

スローセックスで何度もいったE子は
「本当に今日は体も心もとろけたよ?。」
とご機嫌でした。



余韻をひきづりながら翌日はI子とデートです。
I子とは10月に出会って会うのはこれで6回目。
最初は大人しい感じだな?と思っていたのですが
猫をかぶっていたのか、開発されたのかエッチに関しては
かなり積極的になっています。

お酒を飲んでエレベーターでお店の外に
出るときもキスをすると、スイッチが入りおねだり
してくるのです。
「はやく、おっぱいさわって。」
「お願い、はやくあそこを触って。」

ホテルではほんの10センチアダムタッチで腕や
首筋をなぞっただけで
「あぁぁ、はぁあん、うっ?、あぁ?あぁ?。」
といやらしい声をあげます。

本格的にアダムマッサージをすると
もうコントロール不能ですね。
身をよじって声をだし悶える悶える。
「あ?ぁああ、あぁあああっ、いい?、ああぁぁ。」

ペニスを挿入してからも、少しペニスを動かすだけで
イッてしまうのです。
「あああっ、あたるの?おちんちん、おちんちん、いっぐぅ?。」

「もうだぁめぇ?、いやぁ?つ、だめなの、っちゃぅうう。」
「じゃあもうやめようか?」
「いやぁあ、やめちゃいやなの、もっとちょうだい。」
「はうぅ、ああ?っ、ああっ?、だめ、いっちゃう、いっちゃうああ。」

数分に1回のペースでしたから15回はイッたのでは
ないかと思います。
たぶんラブホ隣の部屋には筒抜けだったと思います。
家じゃI子とは絶対エッチできません。
シーツには30センチぐらい愛液のしみがついていました。

エッチそうじゃないかわいい子が豹変すると
燃えてしましますね。
結局ラブホにお泊りする羽目になってしまいました。



その翌日の金曜日は朝の寒さを我慢して
会社へむかったのですが、さすがに睡魔が
襲ってきます。

なんとか睡魔と闘い、5時30分きっかりで会社を出て
S紀とデートのために渋谷に向かいます。
個室居酒屋でお酒を飲んでいるときから
らぶらぶ状態でキスで舌を絡めます。

スーツのズボンの上からペニスをさわるS紀。
「もうおっきくなってる?カタイよ?。」
「S紀とキスしたらドキドキしちゃった。」
「はやくエッチしたいなぁ。」

渋谷の道玄坂のラブホに着くまでは
続きはあずけです。

ラブホについてペニスをお口でなめてもらいました。
S紀の長い舌がペニスに絡みつきます。
くちゅ、くちゆ、ちゅぼっと舐められていると、
もう我慢できなくなったのでS紀を立たせてバックから
挿入し、そのままアダムタッチで背中やわき腹を中心に
愛撫しました。

アダムタッチにS紀がビクッと反応すると、膣もびくっ
と反応しペニスが締め付けられます。

そのまま立ったままバックスタイルで鏡の
前に行きました。
「ほら、感じているS紀が写っているよ。」
「ああっ、スゴイえっち?。」

「鏡に写ったS紀のイクすがたを一緒に見ようね。」
「あぁ、いやぁ?ん、ううっああぅ。」

鏡の前でエッチを楽しみました。
S紀は自分の姿をみて興奮しまくり、何度も
イッていました。
結局またラブホにお泊りしてしましました。

今週は睡魔と闘いながら疲れましたが
クリスマスの週を楽しく過ごせただけでなく
3人の女の子がたくさん感じてくれたことがとても
嬉しかったです。

来年もこのようなクリスマスを過ごせるよう
頑張りたいです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://100sutonanpa.blog8.fc2.com/tb.php/39-7fb93df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック