FC2ブログ
アダムタッチでどんな女性でもイカせるゴッドフィンガーテクを身につけ、トレーニングで30分以上の持続力を手にして男としての自身を持ちナンパに励んでいます。
昨日は近所の商店街でナンパしました。

「お茶ですか?、これからバイトあるのでごめんなさい。」
「じゃあ、暇な時メールしてよ、いつでも待ちうけ状態でスタンばって
いるからさあ?。君めっちゃタイプだしまた会いたいんだけど。」

「えっ、でも彼氏に怒られるし・・・」
「ご飯食べるだけでいいのでお願い!」

「じゃあメアドだけでいいです?」
なんて感じでメアドを交換して、家でテレビを見ていたら
帰ったらメールが来ました。

「何してるんですか??今からバイト終わって帰るとこなんです。」
「じゃあ今日バイト終了しました記念で一杯飲もうよ。」
「はは、いいですよ。」



駅で待ち合わせして、すぐそばの居酒屋へ。
Y子はちょっと森下千里に似た感じのキャバ嬢ちゃんでした。

「近所でナンパされたのなんて初めて。」
「いやあ、かわいかったからどうしても仲良くなりたかったんだ。
 また会えて嬉しいよ、乾杯しよ。」

乾杯して、お酒を飲みながらだんだんと恋話へ。
ころあいを見て切り出しました。

「スローセックスって知っている?」
「友達の子が本持っていて、ちょっとだけ
見せてもらったことあるよ。」

「スクール行って勉強しているんだ?。」
「へえ?どんなことするの?」
「DVDあるから貸してあげようか?」
「ほんと?」
「いいよ、一回見てみてよ。今日貸してあげるから
 帰りにうちよっていきなよ。すぐ近所だしさ。」

家について
「寒かったねぇ。」
「ほんと、わたし田舎、宮崎なんで寒いのだめなんだ?。」
「寒いときお勧めのマッサージしてあげるよ。」

ベットに横になったY子の背中からマッサージ開始。
「うわ?気持ちよくて癒される?。」

太ももの付け根やおっぱいの周辺をゆっくりと
マッサージしていきます。
「えっちになってきたよ。」
「少しえっちなマッサーじのほうが気持ちいいでしょ。」
「うん、気持ちいいっ?。」
「じゃあ服ぬいじゃおうね。」

下着姿になったY子へ本格的なアダムタッチを開始。
「DVDより、気持ち良さがよくわかるでしょ。」

「あぁぁ?、はぁあ?、うんよくわかる。」
ブラをはずしてY子の乳房の周辺からゆっくりピンク色の
形のいい乳首に向け愛撫を続けます。

乳首をつまんではじくと、のけぞってダイレクトな反応が
返ってきます
「あああっ?、だめぇ?、いいっ?感じちゃうっ?。」

クリ攻め、Gスポット攻めでは
「うっぐうっ?、ひぃい?あううっ?。」
と体をガクガクさせまたまたダイレクトな反応。
「あぁっ、イッちゃうっ?いいっ?。」

そのあとペニスの挿入で40分ほど頑張ってしましました。
「いっしょにイキたい、いっしょがいいっ、イクっ、イクっぅうう。」

50分ほど頑張ったのでお互い汗だくです。
かなりアダム徳永の早漏克服メソッドの効果が出ています。
エッチでお互い快感を味わうなら30分の挿入は
必要だと思いました。

「すごい、たくさんしていたような気がするぅ、
今までのエッチとは何もかも比べ物にならないぐらい。
だって男の子って、だいたい絶対女の子がイク前に
いっちゃうもんだと思っていた。
スローセックスの勉強はDVDを借りるより、実戦で
教えてもらったほうがいいなぁ?。」

そのあとY子は家にお泊りていきました。
最初は派手で遊んでそうかなぁ?とおもいましたが
意外といい子なので、Y子がスローセックスの勉強がしたく
なったらまた会ってあげようと思います。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://100sutonanpa.blog8.fc2.com/tb.php/41-8dde97ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック